ワクチン接種

ウイルスや細菌による伝染病を防ぐための大切な予防接種です。

伝染病にかかった場合の治療は困難であり、また『レプトスピラ感染症』は人にも感染すると言われる恐ろしい伝染病です。

ワクチンを接種することによって、これらの感染症に対する免疫をつけることができます。

毎年1回のワクチン接種で大切なペットたちを守りましょう。

 

当院で打つことのできるワクチン

・犬・・・6種混合ワクチン、10種混合ワクチン

・猫・・・3種混合ワクチン

・フェレット・・・2種混合ワクチン(犬用)

子犬へのワクチン接種

子犬は母犬の初乳を飲むことで免疫をもらっています。

母犬の免疫が体内に残っている間にワクチン接種を行っても充分な免疫を得ることができないので、母犬の免疫がなくなると言われている生後1ヶ月半~2ヶ月頃に1回目のワクチン接種を行い、4週間ほど間をあけ2回目、3回目と計3回ワクチン接種を行ってあげてください。

それ以降は、毎年1回の接種となります。

成犬の初めてのワクチン接種

ワクチン接種が初めての場合、1回目のワクチン接種を行い4週間ほど間をあけ2回目のワクチン接種を行ってあげてください。

それ以降は、毎年1回の接種となります。

ワクチン接種の注意点

当日、体調が良い時に来てあげてください。

また、稀にワクチン接種によるアナフィラキシーショックや、数時間後~アレルギーの反応が出る子がいるので出来れば午後も診察している日(平日・土曜日)を選び、午前中にご来院していただく事をお勧めします。

ワクチン接種後は15分程院内で様子を見ていただき、帰宅後も激しい運動や、シャンプーは避け安静に過ごしてあげてください。

狂犬病

狂犬病は犬だけではなく、人を含むすべての哺乳類に感染する人獣共通感染症(ズーノーシス)です。

発症すると治療法もなく死亡率は100%の恐ろしい感染症です。

日本では、生後91日以上の犬は飼い犬の登録と年1回の狂犬病予防注射が法律で義務付けられています。

1975年以後患者の発症は日本では見られませんが、近隣諸国では狂犬病は蔓延しており、いつ日本に侵入してくるかわかりません。

万一のことも考え、ワクチン接種を行ってください。

 

 ※当院では、狂犬病ワクチン注射と予防注射済シールの交付をさせていただきます。

予防注射済証をお渡ししますので、お手数ですが飼い主様ご自身でお住まいの市役所又は保健所にて手続きを行い、注射済票の交付をしていただきます様よろしくお願い致します。